node.jsのバージョン管理(mac/win)

node.js

バージョンアップによる更新や、プロジェクト毎の環境構築のため、node.jsはバージョンを自由自在に切り替える調教師が必要になります。macはnodebrew、winはnodist、それぞれの導入方法をメモしていきます。

コマンド比較

コマンド nodebrew nodist
リスト
(導入可)
ls-remote ds
dist
リスト
(導入済)
list ls
list
リスト
(Alias)
ls なし
リスト
(すべて)
ls-all なし
導入 install
install-binary
+
add
削除 uninstall -
rm
最新版 latest latest
安定版 stable stable
セット use (use)
省略可
update selfupdate selfupdate

コマンドの流れ

バージョンリストを表示、選択

特定のバージョンを入力してインストール

バージョンをセット(切り替え)

_|\○_ヒャッ ε=\_○ノ ホーウ!!

mac

Homebrewから、nodebrewを雇います。

Homebrew

HomebrewHomebrewインストール
http://brew.sh/index_ja.html

インストールの説明に則りコマンドをターミナルに貼り付けて実行。ここでデベロッパーツールが必要と言われたら、そちらもインストールします。

xcode

apple storeよりインストール、中々の重量でMacBookAirだとけっこう時間を喰いました。完了したら起動をしてライセンスを取得します。

xcode license
$ xcodebuild -license

node.jsをアンインストール

nodebrewでnode.jsを管理するので、macに実装されている方のnode.jsを追い出します。

node.jsアンインストール
sudo npm uninstall npm -g
sudo rm -rf ~/.npm

lsbom -f -l -s -pf /var/db/receipts/org.nodejs.pkg.bom \
| while read i; do
sudo rm /usr/local/${i}
done
sudo rm -rf /usr/local/lib/node \
/usr/local/lib/node_modules \
/var/db/receipts/org.nodejs.*

nodebrew

brewコマンドでnodebrewをインストール。

nodebrewインストール
brew update
brew install nodebrew

パスを通す

nodebrewに通行証を発行します。ホームフォルダに『.bash_profile』がなければ作成します。

.bash_profile確認
ls -a #確認

cd ~
touch .bash_profile #作成

viエディタなり任意のエディタなりで追記して下さい。

.bash_profile編集
export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH

echo $PATHで確認できます。

ログイン時に実行される『.bash_profile』を再度読み込ませます。

.bash_profile更新
source ~/.bash_profile

バージョン導入

listでバージョンを表示して、そこから選択します。

バージョンをセット
nodebrew list
nodebrew install-binary [v0...]
nodebrew use [v0...]

node -v #以下確認
npm -g root

node.jsの最新版はlatestでも指定可能です。

最新版
nodebrew install-binary latest
nodebrew use latest

node -v #以下確認
npm -g root

バージョンフォルダが作成され、バージョン毎にnode.jsを別個で管理できます。これでnode.jsを飼い慣らせます、めでたしめでたし。

win

nodistを雇います。

nodist

もしnode.jsが入っているなら、アンインストールして下さい。

任意のディレクトリにclone、あるいはzipをダウンロード&解凍します。以後、そちらがnodist(node.js)の控室となります、パスも通しますので場所は一考して下さい。

この記事では例として『C:\coding\nodist』とします。

gitnodist
cd "C:\coding\nodist"
git clone git://github.com/marcelklehr/nodist.git

パスを通す

nodistに通行証を発行します。
スタートメニューのコンピューターを右クリック>プロパティ>システムの詳細設定>環境変数を開いて下さい。

NODIST_PREFIX

package.jsonをお通しして差し上げます。
ユーザーの環境変数(U)
新規で『NODIST_PREFIX』を作成。
nodistのパスを指定。

Path

nodist.cmdをお通しして差し上げます。
システムの環境変数(S)
変数名Pathを選択。
nodist/binのパスを追記する。
Pathはセミコロン(;)で区切って追加。

確認

nodistさんがお通りしてあそばされているのか確認します。
Pathを変更したので、コマンドプロントを再起動。

パスが通っているか確認
nodist -v

nodist 導入

依存ファイルのupdate
nodist update

distでリスト表示、バージョンを入力してインストール。use(省略可)でnode.jsが選択された状態になります。

バージョンを有効にする
nodist dist
nodist add [v0...]
nodist (use) [v0...]

node -v
npm -g root

あるいは、最新版(latest)、最新の安定版(stable)を指定できます。

最新版を指定
nodist add latest
nodist use latest

nodist add stable
nodist use stable

バージョンフォルダが作成され、バージョン毎にnode.jsを別個で管理できます。これでnode.jsを飼い慣らせます、めでたしめでたし。

64bit

64bitの場合は入力
set NODIST_X64 = 1